So-net無料ブログ作成

「さとふる」でふるさと納税!

前の5件 | -

100%以上の還元率 [ふるさと納税 還元率]

ふるさと納税の返礼品の還元率は、
私たちにとっては重要なポイントですよね。

一般的には50%ぐらいが平均だそうですが、
人気のある自治体だと、100%を超えてくるところも
あるんですって。

でも、どうして受け取った寄付金以外の返礼品を
用意することができるんだろう?

自分なりに考えてみたんですが、
一つは広告費としてとらえているんじゃないかということ。
それでその地域の特産品を知ってもらえれば、
地域の活性化につながるのではないかと・・・。

でも、これでふるさと納税の寄付先として人気が
出過ぎてしまったら自治体としては赤字が増える
ということなので限界はあるかなぁ。

となると、二つ目に考えられるのは物価の違い。

当然、都会と産地では物の値段が違います。
私たちが還元率を考える時は、市場価格で計算しますが、
産地ではそれよりはかなり安いはず。

ですから自治体としては還元率は私たちが考えるほど
高くないのかも・・・。

きっとそんなカラクリになっているんじゃないかな。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

ふるさと納税 ランキング [ふるさと納税 ランキング]

返礼品に関係なく、特にこの自治体を応援したい!
そんな殊勝な方は少数派ではないでしょうか?

どちらかというと、どの自治体の返礼品が
お得で人気があるのかなぁ?
そんな観点で選ばれる方の方が多いと思います。

となると、数多ある自治体を、
しらみつぶしにチェックしていく必要がありますね。
面倒臭いなぁ・・・。

でも、そんな時こそふるさと納税サイトを利用すると、
簡単にランキング形式で人気の自治体を
チェックすることができるんですって。

ふるさと納税のやり方のチェック以外にも、
大きなメリットがあったんですね!









nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

ふるさと納税を楽天ですれば自己負担なし!? [ふるさと納税 楽天]

楽天のスーパーSALE期間中は
ふるさと納税のチャンスでもあるんですって。

例えば、ポイント10倍なんていう自治体を探して、
その自治体へ2万円ふるさと納税すれば、
楽天ポイントは2000ポイント!

つまり自己負担の2000円分を、
これでカバーすることができちゃいますね。

ポイントと返礼品で条件、ご希望に合う先があれば、
楽天を利用してみるのもいいかも!



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

ふるさと納税は節税になるのか? [ふるさと納税 仕組み]

ふるさと納税は本当に節税になるのか?
これは難しいところのようですね。

税金が減れば、それは節税だということであれば、
本当に税金が減る(返金含む)のは間違いないので、
節税だと言えるようです。

ただ、出ていくお金が少なくなるのか?
ということになると、税金として納める額が減る分、
基本的には税金が減った分プラス2千円が
寄付金として出ていきますので、
お金の面だけでいうと出ていくお金の方が大きくなります。

これをカバーするのが、返礼品ということになりますね。
2千円以上の価値があると思われる返礼品なら、
トータルではお得になるということのようです。

税金ではなく、寄付金にしたから、税金が減ったというのは、
ちょっと詭弁のような気もしますね。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

ふるさと納税返礼品に上限設定 [ふるさと納税 仕組み]

ふるさと納税の返礼品に上限が設定されるみたいですね。
寄付額の30~40%というのが上限の目安になるんですって。
ただ、強制力はないそうです。

たしかに、寄付をしてもらっても、
その大部分が返礼品の仕入れ資金になって、
本来の目的に使う金額が少なくなる訳ですよね。
それでは本末転倒かも。

ただ、しょぼい返礼品で、ふるさと納税をする人が増えるか?
という問題もあるような気がします。

色々難しい問題がありますね。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:特典・懸賞
前の5件 | -
SEO対策テンプレート