So-net無料ブログ作成

「さとふる」でふるさと納税!

前の5件 | -

寒川町 [ふるさと納税 人気]

神奈川県寒川町が返礼品に旅行券を加えたところ、
3月単月の寄付金が15億円になったそうです。

総務省は還元率は3割にとか、地元の品をとかいっているのに、
大臣が自治体に任せるとかいうから、
その隙をついて強硬という感じですかね。

ただ、3月だけで終了しているということは、
自治体側もこんなに寄付が集まるとは予想外だったんでしょうね。

旅行券を返礼品にしている自治体は他にもあるから、
気にせず続けてくれたら、寄付を考えたのに・・・。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

寄付の使い道 [ふるさと納税 仕組み]

金券や家電など高額な返礼品が問題となっていることもあってか、
本筋である、寄付の使い道に注目が集まっているそうです。

私たち消費者にとっては、返礼品が最重要なんですが、
その自治体がどんな取り組みに寄付を使うのかにも、
もっと注目してもいいのかも・・・。

さとふるだと、寄付金の使い方で検索するページもあるから
2017年の寄付最終日である今日、大晦日にチェックしてみるのも
意味のあることですよね。

トップページの右側に「ふるさと納税の使い道」
というのがあるから、クリックしてみてください!









nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

ふるさと納税 ワンストップ特例の注意点 [ふるさと納税 ワンストップ]

さとふるなどのふるさと納税サイトを通じて
クレジットカードで寄付した場合、
12月31日のぎりぎりまで2017年の寄付として
認められるんですって。

ただし、その場合、注意点があって、
ワンストップ特例制度の申請用紙を2018年1月10日に
その自治体に到着するように発送する必要があるそうです。

お正月がありますので、バタバタしていて、
忘れていた、間に合わなかったということになると、
ワンストップ特例は受けられなくなりますので、
確定申告する必要が出てきてしまいますね!

また、それ以前の寄付で、1つでも漏れがあったりしても
適用不可になってしまうようです。

寄付がなんとかギリギリ間にあったと、それだけで安心せず、
最後まできちんと処理してくださいね!









nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

ふるさと納税の期限 [ふるさと納税 仕組み]

ふるさと納税で行った寄付が、その年の寄付だと認められるには、
寄付した日ではなく、寄付した自治体に着金した日が、
12月31日以前である必要があるんですって。

具体的には、自治体が発行する受領証明書の日付が、
12月31日以前になっているということなんだそうです。

だから、例えば12月31日に振り込みで処理したとしても、
金融機関の処理の都合で、多分、自治体に着金するのは
年明けになってしまいますよね。

その意味では、ふるさと納税サイトを利用した寄付だと、
12月31日の処理でも大丈夫だそうなので、
利用価値はありますね!







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

ふるさと納税 ワンストップ特例の条件 [ふるさと納税 ワンストップ]

ふるさと納税で、確定申告をしなくてよくする、
ワンストップ特例ですが、1つ疑問に思っていたことがありました。

それは、条件となっている「寄付先が年間で5自治体以内」
という部分ですが、同じ自治体へ2回寄付した場合、
それは1自治体で計算してよいのか、それとも2自治体ということに
なってしまうのか?ということでした。

答えは、さとふるのサイトに明確に書いてありましたよ。

「6回以上ふるさと納税を行っても、5自治体以内であれば
ワンストップ特例制度をご活用いただけます。」

これで疑問が解決しました。

書いてあるページはこちらです。
https://www.satofull.jp/static/onestop.php?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=dsa&gclid=EAIaIQobChMIge_I9M2T2AIVxQQqCh0pRw75EAAYAiAAEgLBBPD_BwE










nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:特典・懸賞
前の5件 | -
SEO対策テンプレート